オープニングキャンペーン
オープニングキャンペーン

結婚相談所の成婚率編

  • HOME
  • 結婚相談所の成婚率編

結婚相談所の成婚率編

結婚相談所の成婚率

結婚相談所探しをしていると、どうせなら、成婚率の高いところに!と思いますよね。
一番気になるのが「その相談所で登録した人のうち、実際どれほどの人が成婚に至ったか?」ということ。
会員がいくら多くても、実際、成婚した人が少ないというのはどうなんでしょう?
お金を払うならたくさん成婚させた実績を持ったところが良いに決まっています。
「成婚率」とは何なのでしょう?

その前に「成婚」ってそもそもどういう意味なのか?といいますと、「成婚」=「結婚」ではありません。厳密にいえば「結婚しました」は一般的には「入籍しました」、もしくは「結婚式を挙げました」、かもしれません。結婚式も入籍もしない人もいないとはいいきれません。「一緒に暮らす」というニュアンスもあるかもしれない、それと同じように、成婚の定義は幅広いのです。

結婚相談所の成婚率

結婚相談所ではお互いが結婚の意思をはっきりと表明し約束を交わすところまででいったんゴールインの「成婚」です。もうほかのご紹介はいらないし、あとはただお二人が結婚の日までにいろいろと果たすべきことをするのみですから、月会費などが発生してしまうのが無駄になります。そこでプロポーズをし、これから一緒に生きていきましょう、と意思を確認し合えたカップルは退会ということになり、結婚相談所によってはそこで成婚料が発生します。ですから何をもって成婚というのか?各相談所でルールが決めてあり、そこをしっかり摺合せができていないとトラブルの元にもなります。

結婚相談所を運営している各社の成婚率を調べてみると、公表している会社は意外と少ないようです。

結婚相談所の成婚率

成婚率を公表していない理由としては、上記のようなことから、成婚の定義が各社異なるため、結婚相談所の比較対象としてふさわしくないということが挙げられます。ほかには、成婚率が低いため、公表を差し控えたいという場合もあるかもしれません。

成婚率を算出するのは意外とむつかしいのです。極端に言えば2人しかいない男女会員が1組成婚すれば成婚率100%になります。会員が多ければ可能性は上がるものの、成婚率は逆に落ちていきます。昔ながらのお見合いは成婚率が高かったかもしれませんね。

成婚退会とひとくちで言っても、その結婚相談所に在籍している会員同士で成婚したのか、片方が登録者、片方が非登録者の成婚なのか、結婚の約束はしていないが、何らかの理由(たとえば婚前交渉や宿泊を伴う旅行)で成婚と見なされ退会したのかなどいろいろです。成婚退会の定義が業界で一緒でないと、成婚率を明確に打ち出すのは難しいと考えられます。

さらに、成婚率の算出方法も1つだけではありません。明確な定義がない以上は、いろんな計算式を用いて成婚率を算出できます。例えば、以下のような計算式です。

・「成婚退会者数」÷「入会者数」
・「成婚者数」÷「全会員数」
・「成婚退会者数」÷「総退会者数」

結婚相談所によっては男性会員が30後半~40代が中心、女性会員が30代中心という男女比のばらつきもあり、各社で正確に比較できるものではありません。若い人が多い都心の結婚相談所の成婚率が上がるのも自然なことかもしれません。そういったところでいくと関東と九州で比較すれば、若い人の人口が多さで、成婚率が左右されているかもしれませんね。場合によっては成婚したカップルが未婚者同士なのか、再婚者なのかでデータも変わってくるでしょう。

以上のように、定義が曖昧であるがゆえに正確な成婚率を算出するのは難しいし、必ずしも宣伝にならないので、公表していない結婚相談所が多いと考えられます。

大手結婚相談所の2016年の成婚率の4社比較です。

会社名 成婚率 2016年の会員数
IBJメンバーズ 53.0% 58,000人
パートナーエージェント 28.6% 11,815人
ツヴァイ 17.4% 432,220人
楽天オーネット 11.8% 46,638人

※パートナーエージェント 成婚率No.1とサイトでうたっていますが、1年以内の成婚と明記してあります。
※ツヴァイ 会員数32220人と退会者数5635人で計算 成婚率はうたっていません。

結婚相談所の成婚率

このようにかなりのばらつきがあります。初期費用や登録料が比較的安い大手になるほど会員数の分母が大きくなり、会員数は多くても実際成婚に至るのは割合的には少なくなるということがこのデータから読み取れます。お見合いパーティーやネットのみのマッチングだとさらに低くなります。結婚相談所の醍醐味はやはり丁寧なカウンセリングマッチングとコンシェルジュの手厚いサポートではないでしょうか?

安価なweb婚活もうまく使っている方は積極的にチャンスを増やし成婚していることも事実です。結婚相談所を選ぶ際に、成婚率で「結婚しやすい・結婚しにくい」を判断することはできません。それぞれの公式サイトでサービスなどの特色と自分のタイプを見極めて選ぶことをおすすめします。

しかしながらIBJメンバーズの成婚率50%越えは本当なのか?という疑いすら出てきているようですが。こちらの特長としては結婚相談所としては比較的高めの料金設定になります。それだけ会員の本気度が高く、ステイタス的にも優良会員が多いともいえます。

結婚に対する必要性を感じ、早く結婚しないと毎月会費もかかっていきますから、会員さんは忙しくてもきちんと行動を起こされます。そしてまじめに謙虚に婚活をされます。それと同時に担当するコンシェルジュは約60人の会員を担当し、全力でサポートをしていきます。200人の会員を抱えたとすれば顔も覚えられない状況ですが、対象人数が少ない方が手厚いサポートができるというわけです。それに成功報酬で成婚料なる収益があるため、結果を出すことにはシビアです。九州・福岡のアソウ・マリッジエージェントもこういった質の高い会員を抱えたIBJに加盟しています。

結婚相談所の成婚率

そして尚且つ、アソウ・マリッジエージェントが業務提携を結んでいる仙台の人材会社から立ち上がったマリッジパートナーズの成婚率はオープン5年経たずして33.3%。仲人型の結婚相談所ですから、自社会員登録自体はうなぎのぼりというわけではなかったからこそ、お一人おひとりの丁寧なマッチングが数字になっていると言えます。しっかりしたカウンセリング後のマッチングの精度が高いことと、サポートがいかに大切かということです。サポートは単に世話を焼くことではありません。その方の結婚の障害になっているものがなんなのか?をご自身で気づいていただき、考え方や行動を少し変えていただくこともあります。自分が好きになれる人を探すツールとしての婚活では、いつまでも自分本位でいる限り、結婚は遠回りになるかもしれませんね。

結婚相談所の成婚率

成婚率と並んで比較されるのが活動開始から成婚までの期間です。いくらたくさんの会員の中から選べるといっても、結婚相手は一人だけ。そう、重大な決断を数か月で下すのです。福岡のアソウ・マリッジエージェントが目指す成婚までの成婚期間は、仙台のマリッジパートナーズに倣い平均7~8か月。交際期間の平均は実に4~5か月です。どうしてこんなに早く決断ができるのだろうか?と思いませんか?

それは、結婚相談所は、最初から出会う二人のベクトルが「幸せな結婚」に向いているという、好スタートであるという点も大きいでしょう。長く付き合える恋愛相手ではなく、一生をともにできるパートナーかどうかを、家族や第三者であるコンシェルジュともども考えながら進むことで、恋愛結婚より話は早くなります。いくら年収やステイタスが良いと分かっていても、将来を考えられない相手とは数回のデートで終了し、直感的に気が合うと思う方に出会えれば、デートの回数はほとんど関係なく話はとんとん拍子に進みます。それこそ、タイミング勝負、運命の女神様はきちんと出会いたい人に出会うべく行動を起こし、相手の良いところを見つけられる誠実な人に微笑むのかもしれません。
アソウ・マリッジエージェントはそんな運命の女神様とともに、本気で結婚したい人をフルサポートいたします。

アソウ・マリッジエージェントのトップページはこちら

お問合せ

tel:0120-08-1150
WEBからのお問合せはこちら 無料ご相談のご予約はこちら
page top